スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民は互いに互いの人格権と生存権を守り合いましょう。

若干スピ系に戻るの巻♪。...
ヌース理論とかシュタイナーとか



話がゴチャゴチャするのは、現象学が不徹底だからであり、
男女差や右脳・左脳は関係ないでしょう。

「初めにロゴスあり」で終わっていると、当然、届かない世界があります。胎生動物であるかぎり胎児期に子宮壁を撫でて妊婦が笑うと、もっとやる…そういう時代があるわけです( http://bit.ly/1SM5o1S )。言葉の届かない時代の歴史的心身にアプローチするために日本には箱庭療法があります。しかし、来談者の観察主体をネグレクトして象徴が見えないような「専門家」の目は節穴なので、お見かけしたら逃げましょう。
http://ameblo.jp/raingreen/entry-11403893573.html#c12117666856
赤ちゃんとして母親にオンブされて「じっと見る目」( http://now.ameba.jp/raingreen/1467959800/ )を持ったときから既に観察主体が確立されているはずです。

kmomoji1010先生のブログにコメント
http://bit.ly/1TkKny0
を書きました。お返事にある
「シモンドンの哲学の応用範囲の広さ」がどこから来るかは、
kmomoji1010先生のブログ記事だけで判ります。
「シモンドンが西洋学問史を批判することによって
広範囲にわたる『知の欺瞞』を払拭することを目指した」からです。
西洋学問史の何を批判したか、それは「素朴実在論」的な側面です。
http://bit.ly/1ZVwZTg
に2つコメントしました。

倫理を守るには、
「薬には注意」 と呼びかける必要があることは、
全人類で共有できる事実でしょう。
http://bit.ly/1TcMYxu
全人類の誰しもが平穏死を迎えられるように支援するのが
当人の人格権と生存権を踏みにじらない唯一の道です。
今は、安楽死やハイデガー風の尊厳死がお好みの西洋白人の皆さまも、
平穏死を迎えられる時代が来ると良いと思います。

そのためには、ヌース理論とかシュタイナーとかは必須ではありません。しかしながら、「死んだら…何もないよ」などと他者の死生観を無碍に否定する「気遣い」(=“diligence” http://bit.ly/1OEceKY )の無さ( http://bit.ly/1TY6KK2 )は、他者にとってはPTSD発症リスクゆえ注意が必要です。

学問史の「素朴実在論」的な側面を徹底して批判して、
すべての学問を人類の福祉のために進めましょう。
http://bit.ly/1RHvSSi

平穏死を迎えられる=天寿を全うするように、市民は互いに互いの
人格権と生存権を守り合いましょう。
スポンサーサイト

星座による病気のなりやすさ

これはオカルトのように見えますが、実際に統計的な研究などもあるようでオカルトと片付ける方がオカルトです。まあ、話半分で読んでおけば予防にも役立つかもしれません。星座と性格や人生をどう歩むかなどの話は、過去記事などをお読みいただければと思います。...
星座による病気のなりやすさ



西洋占星術というのは、元々(現象学的な)観察によっており、
「人のタイプが違っているようなのは、生まれた季節に依存した部分がある」と気づいた誰かが始めたものでしょう。昔は、天文学と一体でした。それが分離したのは、観測される天体現象の全部が生まれたときに依存した人のタイプに反映するわけではないことが判ってきたからです。

生まれた季節と月の位置に依存する人体現象は、結構あります。人体だけではなく、種を蒔いた季節と月の位置、採取した季節と月の位置にハーブの効き目が依存していることはヨーロッパ中世では既に知られていました。ヒトも種を撒いた季節と月の位置、出生の季節と月の位置に性質が(どの程度かは判りませんが、多かれ少なかれ)依存するであろうことは(容易に)予想されます。そういう意味で、先生が記事にお書きのように、
「これはオカルトのように見えますが、実際に統計的な研究などもあるようでオカルトと片付ける方がオカルトです」が、
どの程度の関連があるか?…については、他の人工的な条件も反映するため、いくら多変量解析をやっても残念ながら不明な(=エビデンスが取れない)状態です。ところが、ひとたび西洋占星術として確立してしまうと、皆がその「学説」を信じる(または信じなくても無意識的に影響を受ける)ことによって暗示を受けるようになるため、最初の「学説」に何らかの瑕疵があっても占星術による予言は当たる確率が上昇します。西洋占星術に比べれば、無根拠かつ完全なデタラメ( https://twitter.com/franoma/status/729420589241241600 )である「アスぺ」ラベリングや「ADHD」ラベリングも同じことで、「先制攻撃」( http://bit.ly/1rBUi9M )によって精神科医だの心理職だのが何らかのラベリング( http://bit.ly/24FCetB )をすれば、周囲の人たちが「ラベリングどおりの子どもなのだろう」と決めつけて対応するようになるため、精神科医や心理職の暗示どおりに周囲の人もラベリングされた当人も心理操作を受けて「作為体験」をやる空っぽな人間=「カオナシ」状態で生涯を生きることになります。ずっと「カオナシ」状態だったのが「ゴキブリ」状態に悪化した女性心理職=スクールカウンセラーがいらしたようで(私は、どちら様とも一切、面識はありませんが)、その女性心理職は事もあろうにリサーチマップを悪用して個人攻撃をやり出されたそうで、民事訴訟になっている御仁です。
↓このかた
http://bit.ly/23sM9pf

個人的には、存じ上げない方なので、私としては何ら思うところはありませんが、
御母堂を亡くされた現在、周囲の人々は、これまで以上に気遣って差し上げる必要があります。以前から精神機能が障害している女性らしくストレス脆弱性があったところに、御母堂の死によって益々、精神機能の歪みがひどくなり、アグレッシブになって暴走なさる可能性もあるゆえ、社会的な保護が必要なのです。

民事訴訟の原告になられた箱庭療法の先生がブログをなさっているので、私もコメント
http://bit.ly/1RPPpBW
を書きました。情報封鎖=「隠蔽」によって被「差別」者を故意に生み出し、被差別者の「棄民」を進めることは、国際的に実践されてきたPTSD問題の悪用=「人道上の罪」です。このようなことを今までのように続けていれば、人類滅亡に加担することになるでしょう。「隠蔽」「差別」「棄民」をやめさせる必要があるわけです。人権蹂躙平気症( http://bit.ly/1YgOH2Q )を蔓延させて、社会の内部崩壊を惹起させる心理戦です。

日本においては、国連から「表現の自由」( http://bit.ly/23AgSLF )が蹂躙されている件につき査察が入りましたので、特に「隠蔽」=「表現の自由」蹂躙について、専門家に相応しい報告書が書かれ、そのことがまたICD-11の「複雑性PTSD」と如何に直結した米国アグレッサー( http://bit.ly/1k3YHyq )らの作為( http://bit.ly/1s656NR )=人災であったか?…についても言及なさり、人類の将来においては、「スタンフォード( http://bit.ly/1TxYPjD )の監獄実験」パロディ( http://bit.ly/1YgNXLd )が大規模になされないように祈るばかりです。

皆さまも、お大事に。
プロフィール

franoma

Author:franoma
世界の庶民(people)は 911(http://bit.ly/1wqe9Hd
ショックを加えられました。国家の名による「殺人」として戦争、死刑、新手の「T4作戦」がなされてきました。しかしながら、
現代の国際社会において
国家のレーゾンデートルは、国民の命と暮らしを守り、子孫を残せるようにすること。
ゆえに「人が人を国家の名で殺す」のは本末転倒です。
PTSD否認をやめ、煽られず躍らされず、互いの人格権と生存権を守り合い、共生を図りましょう。

核を利用するのが核兵器や劣化ウラン弾、劣化ウラン装甲などではなく原発であったとしても「構造的暴力」を前提にしているため、平和利用はあり得ません。したがって
「核の平和利用」は詐欺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。